“ 青いと言われようがかまわん 理想とか綺麗事と言うが それを成し遂げた時 それはただの “可能な事”に成り下がる 理想を語れよ ヒューズ 士官学校のあの頃のように 理想を語れなくなったら人間の進化は止まるぞ   荒川弘『鋼の錬金術師』 ”

2013年CM ナイキジャパン ナイキベースボール宣誓編 ACCグランプリ (by 懐かしいTVCMアーカイブス)

“ ィットネストラッカー市場の規模は2013年時点で3億3000万ドル程度と推定されており、Fitbit、Jawboneから、Withings、Garminまで、さまざまな企業がその市場のシェアをめぐって争っている。The NPD Groupによると、2013年に実店舗および大手オンライン小売業者で販売されたすべてのウェアラブルフィットネストラッカーにFuelBandが占める割合は、10%だったという。  FuelBandの販売を終了しても、Nikeとウェアラブル分野の関わりが完全に終わるわけではない。Nikeは、リストバンドを販売するよりも、どんどん高機能になっている同社のデジタルフィットネスプラットフォーム「Nike 」向けにデータを収集したり、アプリを開発したりする役割を担った方がいいかもしれない、とアナリストらは話す。Appleと提携してもいいかもしれない。Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は9年前からNikeの取締役を務めている。さらに、Nike FuelBandのコンパニオンアプリは、2年前に市場に登場してから現在に至るまで、Appleの「iOS」モバイルOSを搭載する「iPhone」と「iPad」でしか利用することができない。  Stifel, Nicolaus & CompanyのNike担当アナリストであるJim Duffy氏は、Nikeのウェアラブル分野への取り組みについて、「Nikeの狙いはFuelBandを売ることではない。顧客データベースと、同社が対話できる顧客集団を構築すること、そして、人々をよりアクティブにして、中核的製品の需要を促進することが狙いだ」と述べた。 ”
PHOTO
klowit:

what the FUCK

klowit:

what the FUCK

(tra249から)

QUOTE
“ 「ねえあたしいくつに見える?」という先輩女性社員からの面倒くさい質問を「158ぐらいすかね」と受け流した若手男性社員、見事であった。 ”
VIDEO

nock-nock-nock:

タモリ

(wakatteinaiから)

QUOTE
“ 「心理学的に女の子は周りにいる異性の中で『してくれた嬉しかった事』が一番多かった人を好きになる」って本に書いてあって関心したんだけど、
続き読んだら「イケメンの場合は一緒にいるだけで嬉しく感じるから自動的に”嬉しいポイント”が溜まっていく」って書いてあって泣きながらその本破いた。 ”
Twitter / aonooo (via igi)

(gallianoから)

デビューは2010年。若者から火がつき、いまでは子どもから大人まで幅広い世代に支持される。昨年は富士急ハイランドでセルフプロデュースの初野外ワンマンフェスティバル「炎と森のカーニバル」を3日間開催し、6万人を動員した。

その特徴は強い独自の世界観の発信と徹底的なエンタメ志向にある。「炎と森のカーニバル」では約5億円の総工費をかけ、高さ30メートルの巨大な木のセットを出現させた。それ以前にも、メンバー4人それぞれを模したロボットを作って登場させたこともある。その背景には、「1人でも多くの人に知ってもらい、曲を届けるためにエンタメが必要」という考え方がある。

独自の世界観と共に、セカオワの人気を強固にしているもう一つの大きな理由、それが“嘘のなさ”だ。メンバー4名はいずれも幼なじみで、シェアハウスで共同生活をしているのはファンの間では有名な話。単なるバンドメンバーとしての関係性を超え、公私の区別なくつきあい、精神的に強いつながりを持っている。あくまで仕事上の関係とメンバー間の付きあいを割り切るバンドも多い中で、4人それぞれがかけがえのない存在で、絶妙なバランスで成り立っている、ある種の“奇跡”を目の当たりにしている感覚が、“つながり”を重視するいまの時代に憧れと共感を呼んでいる。
“いま”のコミュニケーションを体現

セカオワのコミュニケーションには、他にも“いま”らしい要素を次々に見だすことができる。ライブ、Twitter、ブログ、動画、ポッドキャスト、手紙など、あらゆる接点でメディアニュートラルに世界観を発信し、ファンとコミュニケーションを図る。「ピエロ」や「帽子」「メガネ」といったわかりやすいアイコンを持つ。「子どもでも描けるくらい、わかりやすいイメージにしたい。『ワンピース』で、主人公のルフィーと言えば『麦わら帽子』を思い浮かべるような感じです。有名なバンドだけどボーカルしか知らないとか、皆似たような格好でメンバーの区別がつかないというのではなくて、私たちは4人が同じように出ていきたい」と演出のSaoriは話す。ヒエラルキーのないフラットで等価な関係を大切にしている。

“ 世の中では、よく「自分探し」などと言われるが、これをしてちゃんと自分を見つけている人は実はそう多くない。みんな自分がしたいようにしたいと思いながらも、いろんなしがらみ(他人の視線)に負けて結局は中途半端に終わってしまっているからだ。そしてウソをついている自分から目を背けたまま、今の自分に無理やり満足しようとしたり、変わること自体をあきらめたりする。 そういう人たちがたくさんいる現代では、夏目三久のような「次々と自分を発見し、それを社会にも受け入れてもらっている人」はすごく光って見えるだろう。 ”
“ 企画書の1ページ目に入れたのは「広告をやめませんか?」というワードです。これまでの「広告」という概念でのコミュニケーションをやめようという話をしました。 ネットだと特にユーザーが広告を「邪魔」と感じてしまいがちですから、広告ではなくユーザーが自ら求めてくるようなコンテンツを作ることでAUTOWAYさんのことを面白いと思ってもらえるのではということです。これまでの事例を見せると面白がって頂き、お取り組みがスタートしました。 —「雪道コワイ」というのはスタッドレスタイヤという冬の商材の特徴に紐づけたものだと思うのですが、どのように商品の特徴とこのコンテンツが繋がったのでしょうか。 まずAUTOWAYさんからは、もしコンテンツを考えて頂けるならこの時期はスタッドレスタイヤだと、お題を頂きました。 内容については、ユーザーが面白いと感じてもらえるものを説明するため、YouTubeでよく見られている動画を3つのキーワードで例示して説明させて頂きました。 まず1つ目が「エロ、美女もの」は自ずと見られるもの。これは「車」という商材との親和性から「あるかもしれないけど…」という話にはなりました。 2つ目は「圧倒的にすごいもの」。例えばよく出来ましたねぇと感動するくらい、スケールが大きいものですね。ただこれは予算的に難しいのではないかという話になりました。 そして3つ目に出したのは「閲覧注意」。マスメディアにはなかなか出てこないような、怖いもの見たさに近いような。こういったものも再生数は集められるし、狙いはここじゃないですかね?という話をしました。 ”
“ 100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、90回まで来ていても途中で諦めてしまう。(松岡修造) ”
QUOTE
“ そして“Social”は従来メディアと比較してコントロールできない。だからこそ発想の転換と、よりヒューマンでエモーショナルなストーリーテリングが必要となる。だが、いくら流行だからと言って、付け焼き刃の“Good”は通用しないだろう。「Happiness」のような強い信念が必要だ。 “Social Good”を「社会貢献」と訳すと大ごとのようにも思えてしまうが、その言葉が示すところは実はもっと広く身近なものだと私は考える。それは「社会全体」というより、身の丈の「コミュニティ」に対する有形無形の価値の還元のようなものではないだろうか? つまり“Social Good”とは、デジタルツールが引き起こした“Social化”による新しい関係性の中で、カスタマーがブランドに「もっと人間らしい振る舞い」を求める気持ちが強くなっていることの現れなのかもしれない。 ”
“ 嫌いな人に『嫌い』と言える。
嫌いな人に『好き』とも言える。
好きな人に『嫌い』とさえ言えるのに。
好きな人には『好き』と言えないから、
屈折してるんだなぁと実感した ”
QUOTE
“ めんどくさくなって
やめちゃうくらいなら
手を抜いてつづけよ ”