“ 「安心して飲めない水道水」「いつ停電するかわからない電気」「洗わないと何が付いてるかわからない野菜」「遅れが常態化している電車」日本の都会人が怯えているこれらの話は、世界のほとんどの人にとって日常的な出来事にすぎない。 ”
PHOTO
design-is-fine:

Heinz Edelmann, Poster artwork for the 100th birthday of Bela Bartok, 1981. Germany

design-is-fine:

Heinz Edelmann, Poster artwork for the 100th birthday of Bela Bartok, 1981. Germany

(元記事: ardapedia.herr-der-ringe-film.de (mediapicnicから))

PHOTO
hypebeast:

Renato Stockler Captures Brazil’s Soccer Spirit

hypebeast:

Renato Stockler Captures Brazil’s Soccer Spirit

(出典: hypebeast.com)

さぼれ、さぼれ。今日はみんな気持ちよくさぼってみたまえ。
街を意味もなくぶらぶらしろ。映画館に行け。脂っこいものを食え。
人に迷惑をかけろ。約束を破れ。変な服を買って着ろ。
大事なものを捨ててしまえ。言っちゃいけないことを言え。
(糸井重里)
ゆーきー (Ukey_) on Twitter (via yasunao) (via karlmcbee) (via nemoi) (via konishiroku) (via sjmp) (via petapeta) (via khgdsethbbg) (via nemoi) (via mnak) (via petapeta) (via mnak) (via iyoupapa) (via tessar) (via casa-11-mujeres) (via tetris) (via choccoto) (via ryuicostaworld) (via layer13) (via kiri-saki) (via hetmek) (via ninjatottori) (via dannnao) (via subdub) (via kubesan) (via tyore) (via usaginobike) (via sunday-wonder) (via isaribi) (via halmatch) (via dolphin-therapy) (via sai75)
“ 「就職なら、HAL。」の映像作品が卒業生のものでもなんでもなく外部発注なの、最高に面白すぎる ”
“ 「他の人より上」でなく、「自分史上最高」を目指せばいいのです。 ”
“ ひとりでいるのが こわくなるような たくさんの友達よりも、ひとりでいても こわくないと思わせてくれる 何かと出会うことのほうが、うんと大事な気が、今になってするんだよね。 (対岸の彼女/角田光代) ”
QUOTE
“ 人間は終わりが見えない行動にストレスを感じる。よくわからない作業を黙々と続けるには、想像以上のエネルギーが必要だ。
 だから、上司は目前の行動を部下に指示するだけでなく、仕事の全体像がわかるようにしてやらなくてはならない。自分のしていることが、会社全体にとってどのような意味を持つのか、部下はそれを知りたがっている。時間を惜しまず語ってあげよう。
 いくつものスモールゴールの先に、素晴らしいビッグゴールが待っているのだという実感を持てれば、部下は頼まなくても自発的に動くだろう ”

(元記事: towasas (kouyoujisiから))

QUOTE
“ 好きな女の子に、男の子が意地悪しちゃうのって、「反動形成」という自我の再適応メカニズムなのです。つまり何が言いたいのかというと、その男の子はあなたが好きすぎて、防衛反応を起こさないと、自我を正常に保てなくなっているということ。 ”
PHOTO
QUOTE

そろそろゲームマンガじゃ持たなくなってきたな・・・。

しかし外に出る気力がもうないんだ。ホントにな。

嫌なんだよ、誰かと会ったりとか。仕事だってもう辞めたいんだ。

でもそんなわけにいかないし。

気がついたら、俺は中学2年くらいから何も変わってないんだよ。

やってるゲームと見てるマンガが変わっただけで何にもだ。

それにしたってあの頃ほどはのめり込めない。

友達もいないし彼女もいない。俺はこの長い年月で何を得たんだ?

答えは「何も」だ。

取り残されていく気分ってわかるか?俺は今ようやく実感してるよ。

枯れていくのがわかるんだ、自分が。

感受性とか希望とか余裕とか、精神的な豊かさの全てが、

すり減って弱っていくんだ。

俺はマンガゲームばかりしてきたみたいに書いたけど、

他に何もしなかったわけじゃないんだ。

人付き合いをうまくやろうと頑張ったこともあったし、

好きな人に近づこうと努力したことだってあった。

自分のスキルを上げて特技を身につけようとしたこともあった。

勉強だって就職だってちゃんとやったし、今だってきちんと働いてる。

なのにどうして俺には何もないんだ。

人に胸を張って言えるものが何もない。

なんでだよ。あの時だってこの時だって、

その場で何かしら得ていったはずなのに、

どうして今俺の手元には何もないんだ。どうして俺は歪んでいくんだ。

傷ついて立ち上がってまた傷ついて堪えて踏ん張ってまた耐えて、

弱い俺は弱いなりに頑張ってきたじゃないか。

それなのにどうして少しも強くなれてないんだ。

どうして何も変わらないんだ。どうして何も変えられないんだ。

俺のしてきたことはいったいなんだったんだ。

「今」さえ楽しくすることができないのは、いったいどうしてなんだ。

QUOTE
“ 「平凡なものを面白がる能力」というのが大事なんだと思う。派手なことを面白おかしく伝えるのは誰にでもできるけれど、優れた目を持った人が見て、描写すればすごく面白い何かを、多くの人は平凡な風景としてスルーする ”

Twitter / medtoolz

(via aerogenerator)

(via ahoahoman) (via nemoi) (via jacony) (via enjoylivingordie) (via gkojax-text) (via atm09td) (via appbank)

(via choccoto)

(via schocokuchen) (via tyore) (via hoimi) (via growmoss) (via kouyoujisi)
“ 大学時代アホみたいにバイトしてたけど、これって親が高い金を払って買ってくれた時間をバイト先の会社に安く売ってたのと同じだと気がついた ”
Twitter / つばめ (via pedalfar)

(元記事: katoyuu (uniondeltaから))